ムービーを見る

プライバシーマーク

プライバシーマーク(Pマーク)を取得致しました。プライバシーマーク制度は、事業者が個人情報の取扱いを適切に行う体制等を整備していることを認定し、その証として"プライバシーマーク"の使用を認める制度です。
詳しくはこちら

特定信書便事業

当社では特定信書便事業も承っております。ご用命の際はご連絡ください。

ビーカーゴワークスHOME 各種配送依頼承ります > トピックス&ブログ > アーカイブ > 2019年5月

トピックス&ブログ 2019年5月

社員旅行 in北海道

今年もビーカーゴワークス恒例の
社員旅行に行ってきました!
 
11期目となる今回は初めての試みで
飛行機にて北海道へ行きました!
 
大自然広がる、北海道にて
たくさんの自然を満喫できました。
 

北海道到着.jpg
 
では一日目スタート!!

私も初めての北海道、
他の社員も初めての方が多く心ワクワクで出発!
  
無事北海道到着!
お天気にも恵まれ、
快晴の青空で空気も澄み渡っていて最高でした。
 
2.jpg
 
 
最初に訪れたのは、『旭山動物園』
寒いところならではの珍しい動物達に
みんな大はしゃぎ!
可愛い動物たちにも癒されました。
 
3.jpg

4.jpg

5.jpg 
 

その後昼食タイム。
北海道の美味しい海鮮丼をいただきました。
  
7.jpg
 
 
次の目的地は、
『大雪山層雲峡 黒岳ロープウェイ』
『銀河 流星の滝』に訪れました。
 
5月下旬ですが、山頂に向かうにつれて
まだ雪が残っていて、肌寒かったです。
 
ロープウェイからの景色は圧倒でした!
快晴にも恵まれたので、
山々がはっきりと見えて綺麗でした。
 
流星の滝も圧巻の迫力!?
マイナスイオン浴びて気持ちよかったです!
 
8.jpg

9.jpg
 
そして、今回お世話になる
ホテル大雪に到着。
周りが山々に囲まれているので、
露天風呂からの景色も綺麗でした。
 
 
さあ、やって参りましたよ!
毎年恒例!お楽しみの
社員による宴会、ビンゴ大会のスタートです。
 
  10.jpg
 
 
今年は7組の方が参加!
そのうち3組が新人初出場でしたので、
みんなどれも楽しかったです!
 
 
11.jpg
 
そして、みんなドキドキのビンゴ大会!
 
今年は見事、一番最後にハンドパワーで
土沢さんが一等を当てました!!
残り物には福来るとはまさにこの事。
ぜひ楽しい旅行へ行ってきてくださいね!
 
その他にも豪華な景品多数で
みんな大喜びでした!
 
12.jpg


13.jpg

 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
2日目スタートです!
 
『ひがしかぐら森林公園』に到着。
 
アクティビティ、BBQをしました。
大自然の中で食べるご飯は最高でした!!
初ドローン撮影にも成功!
 
また普段なかなか会えない方とも
ゆっくりお話できたり、
交流でき楽しい時間を過ごせました。
 
14.jpg

14.jpg

15.jpg
 
 
楽しい時間はあっという間でしたが
すごく楽しい時間を皆で過ごせました!
 
 
11期は新たな方も加わり、
皆、それぞれの一年を過ごしてきました。
 
今期も全員で力を合わせてきたからこそ、
楽しい旅行を迎えられました。
 
また来期も皆が団結して成長していけるよう、
力を合わせて頑張っていきたいと思います!

ビーカーゴワークス幹部研修 in知覧

弊社の設立当初よりいつか訪れようと8年越しの思いで、
幹部研修として鹿児島県にある知覧に訪れました。
 
薩摩半島南部に位置する南九州市。
その中核をなす知覧地域は、
太平洋戦争末期に特攻隊の出撃基地の1つとなったことで有名な場所。
 
今回は、陸軍の指定食堂となった富屋食堂と
陸軍知覧飛行場跡の一角に建てられた知覧特攻平和会館へ行きました。


1日目は、空港から富屋食堂の旅館へ向かいました。
当時の建物をそのまま残してあり、
当時特攻の母と慕われていた鳥濱トメさんの言葉や
特攻隊の当時の風景などを感じられる場所でした。

   





   










   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2日目の朝は当時特攻隊の方も食べていたお食事をいただきました。
 

その後、女将さんより当時のお話を聞き、

幸福とは何か?

誇りを持って生きているか?など…

それぞれ考えをディスカッションしました。

 

また特攻隊の方が家族や愛する人に当てた手紙の話なども聞かせてくれました。

 

平和な毎日を過ごしている中で、

当たり前になっていることや、

命の大切さなどを改めて考えられました。

   






 

旅館を後にし「知覧平和特攻平和会館」を訪れ、

そこでは当時の手紙や実際の零戦の特攻機などが展示されており

実物を目の当たりにして、戦争の悲惨を感じました。
 

 

   

  

   

   
 

今回の旅を通して、実際に戦争を体験した方の当時の話や体験、

戦争の恐ろしさなどを聞ける機会がなくなっていく中で、

「生きたくても生きられなかった命」

「みんなそれぞれに家族や大切な人がいる中で命をかけて守るために旅立つ想い」

「大切な人を失った人の哀しみ」など、

忘れていけない、これからもその経験を受け継ぐことの大事さを感じることができる貴重な時間となりました。


1

« 2019年2月 | メインページ | アーカイブ | 2019年8月 »

このページのトップへ